2015年6月17日、長谷部誠選手が宮城県南三陸町の「あさひ幼稚園」を訪問しました。
東日本大震災の津波により園舎を流失した「あさひ幼稚園」の再建を、著書「心を整える。」の印税などの寄付を通じて支援した長谷部選手。「オフになるとまず先に訪れたい場所」ということで、5回目の訪問が実現しました。
 
長谷部選手からのコメント:
6月17日に南三陸のあさひ幼稚園に行ってきました。
5回目の訪問でした。
『心を整える。』を手に取って下さった方々の想いの詰まった園舎は今、増築中の為、仮設の園舎で子ども達は元気に過ごしています。
様子を言葉でお伝えるよりも沢山の写真でお伝えした方がわかりやすいと思いますので、ご覧下さい!
 
 
園舎へ向かう車の中で読み聞かせの練習。
どう読んだら子どもたちが楽しく聞いてくれるかなあ?
_D410030
車から降りると子どもたちが大きな声で「おかえりなさい!」と出迎えてくれました。
_D410049
 
はじめに、子どもたちがサッカークラブを結成したことを聞きました。
チームごとにリストバンドを着けていて、とても楽しそう。
この中から将来の日本代表選手が現われるかも!?
_D410141
 
長谷部選手からは2014年12月に訪れたインドネシアの子どもたちについてお話を。
避難訓練の様子など、子どもたちは自分たちも同じことを日々しているので、とても興味を持って聞いていました。
_D410165
 
そしていよいよ絵本の読み聞かせ。読んだのはインドネシアのお話。
登場するカタツムリとシカの声をうまく変えることができなかったけど、子どもたちからはおもしろかった!と言ってもらえて長谷部選手もひと安心。
 
 
ちょっとした合間も子どもたちのことが気になる長谷部選手。積極的に子どもたちのお世話をしていました。
_D410290
 
お待ちかね、お弁当タイム!子どもたちのかわいいお弁当を見せてもらいながら、牛乳を配る長谷部選手。
「おべんとう」の歌を歌って、いただきます!
_D410325_D410348_D410371
 
お弁当のあとは、教室で遊びました。フルーツバスケットをしたり、長谷部選手もおもわず熱くなっていました。
_D410502_D410538
 
もちろん、子どもたちとサッカーもしました!サッカークラブを結成してたくさん練習しているようで、去年よりもうまくなっている感じ!
こうして子どもたちとサッカーをすると、あらためてサッカーをする楽しさを気付かせてくれるという長谷部選手。
_D430210   _D430312  _D430313
 
そしてお別れの時。突然子どもたちがお揃いのリストバンドをプレゼントしてくれました。子どもたちのサッカーに対する想いが詰まったこのリストバンド、見るたびにサッカーをすることの楽しさを思い出させてくれそうで、いつまでも大切にしたいとのことです。
_D410667   _D410702
 
今年も実現した「あさひ幼稚園」の訪問。
長谷部選手によれば、「僕が見ているのは被災地のごく一部。来てこの目で見てみると、被災地の復興はまだまだだなと思う。だから1年に1度だけど僕が来ることを通じて少しでも多くの人になにかを感じるきっかけになれば」とのこと。また、「子どもたちの可能性を広げることがおとなの役目。自分のできることを続けていきたい」と語り、来年の再訪を約束しました。
 
番外編
南三陸にはおいしいものがたくさんあります。今回、長谷部選手も海鮮丼を食べに行きました!
おいしい海の幸に大満足、同行したスタッフ含め誰よりも早く完食していました。
ぜひみなさんも足を運んでみてください。
(長谷部選手が持つと小さく見えますが、実物は満足感のある分量です!)
_D410754