2016年6月8日、長谷部誠選手は宮城県南三陸町の「あさひ幼稚園」を訪問しました。
 
著書の印税などを通じて建設を支援した同幼稚園は、現在、増築工事を行っており、
園児たちは近くのプレハブ園舎で毎日過ごしています。
 
前日、大阪で代表戦にキャプテンとして出場した長谷部選手は、休む間もなく朝の便で大阪伊丹空港から仙台空港に到着。
そこから車で2時間近くかかる南三陸町へ向かいました。
今も復興に向けた工事が続く南三陸町、6回目の訪問になると町の変化にも自然に気付くようで、
途中、「この道が変わった」などつぶやきながら、車窓から真剣に町の様子を眺めていました。
 
到着すると、園児たちは「おかえりなさい!」と元気いっぱいの笑顔とともに、長谷部選手にかけよります。
年長さん、年中さんは1年ぶりの再会でうれしそうです!
mina001
まず、はじめに、園児のみなさんにご挨拶。
「今日、飛行機に乗ってきました。飛行機に乗ったことある人―?」
mina002
そして、今年度の「あさひサッカークラブ」結成式に立ち会いました。
「あさひサッカークラブ」には全部で3つのチームがあります。
園児たちが右手を上げて元気よく選手宣誓!
「いっしょうけんめい れんしゅうして、はせべせんしゅのように、なります!!」
mina003
続いて参加したのは、チームの旗づくり。
3つそれぞれの旗に長谷部選手が絵を加えることに…
「絵が上手じゃないんだ」と言いつつも、園児たちからリクエストされたキャラクターのイラストは大成功!と思った矢先、
「あれ?口はどうすればいい??」と、最後は園児たちの助けを借りることに…
 
別のチームの旗づくりではカブトムシのイラストをリクエストされ、ここではさらに困っていると
園児のひとりが図鑑を持ってきてくれたりして、
みんなで力を合わせながら楽しく完成させていました。
mina004 mina005 mina006
旗づくりを終えると、園児たちとかけっこやサッカー、ボール遊びをして楽しみました。
園児たちが本気で走り続けるので、長谷部選手もすっかり息があがっていました!
mina007mina008
楽しい時間はあっという間。
お別れは今回も名残惜しく、そして長谷部選手が乗った車にいつまでも手を振り続ける園児たちが印象的でした。
mina009
最後に、増築工事の現場を訪れ、進行についていろいろと話を聞きました。
大きな園舎になって、ひとりでも多くの子どもたちが安心して戻ってくることを願っていました。
mina010
番外編:今年もお昼においしい海鮮丼をいただきました!(長谷部選手が写ってなくてすみません!!)
8
 
翌日、2016年6月9日、長谷部誠選手は4月に地震の被害に遭った熊本県を訪問しました。
 
当日の朝、博多駅から新幹線に乗って熊本へ向かった長谷部選手。
列車が熊本へ近づくと、今もブルーシートに覆われた家や建物が目に入り、
その様子をとても心配そうに見つめていました。
 
熊本では熊本県ユニセフ協会と熊本県教育委員会の方々にご協力いただき、
中学校2校、小学校1校を訪問することになりました。
いずれも生徒たちには長谷部選手が来ることは伝えられていない、サプライズ企画!
生徒たちを喜ばせようと、先生方も内緒にしてくださっていました。
一方、温かく迎え入れてもらえるか、しきりに心配する長谷部選手…
 
さて、最初に訪れたのは、御船中学校。
この地区は報道でもよく接する益城町の隣にあり、被害も大きかったのですが、
これまで誰か有名な人が訪れて支援するといったことがなかったそうです。
 
また、近くにある滝尾小学校は震災の影響で校舎が使えなくなり、
しばらくの間、御船中学校の敷地を借りることに。
ちょうど当日は中学生と小学生の「対面式」が行われる予定になっていました。
長谷部選手はその対面式にサプライズゲストとして登場することになりました…!
 
校長先生から紹介され登場すると、生徒たちは一様に信じられないのか、
もしくはあまりにも突然の出来事に戸惑ったのか、大きな拍手で迎え入れるも、少しざわざわする程度。
しかし、みんな様子を伺っていたのもほんの束の間、
長谷部選手からの挨拶やお話を経てミニサッカーがはじまると次第に歓声が大きくなり、
最後の記念撮影では押すな押すなの大騒ぎ!!
午前中は生憎の雨で体育館での実施となりましたが、
その分生徒たちと近い距離での交流を楽しみました。
kuma001 kuma002 kuma003
さて、午前中の御船中学校で生徒たちと思いっきりサッカーを楽しんだこともあり、
予想以上に汗をかいてしまった長谷部選手は、急遽近くの温泉施設へ!
その間同行スタッフは隣接されているコインランドリーでウェアの洗濯を行い、
心身ともにさっぱりリセットすると、気持ちも新たに午後最初の訪問地である健軍小学校に向かいました。
 
健軍小学校では全校集会に参加することになっていました。
この小学校では長谷部選手の登場を、なんと学校のキャラクター「うさみー」が盛り上げてくれたこともあり、
長谷部選手が現れると大きな歓声が!!
 
サッカー経験のある先生方や健軍小学校のマスコットキャラクター「うさみー」も交えたリフティング対決では
長谷部選手の華麗な技を児童たちは目を輝かせながら見入っていました。
 
高学年の児童たちを中心にミニゲームを行った後は、
全校生徒が2列の大きな輪になり、その列の間を長谷部選手が児童全員とハイタッチをして廻りました。
小さな1年生も背伸びをしたりして、大きな長谷部選手にうれしそうに近づき、
児童全員とのふれあいを楽しみました。
kuma004 kuma005 kuma006 kuma007
そして最後に訪れたのは湖東中学校です。
ここでも全校集会に参加することになっており、到着すると生徒たちはすでに校庭に集まっていました。
 
さて、校長先生の紹介で登場すると、ここでは悲鳴に近い歓声が!
ちょうど同じぐらいのタイミングで天気も回復し、晴れ間が見えてきました。
暑い、熱い時間になりそうな予感です。
 
長谷部選手から、ドイツでチームメートやいろんな人が熊本について心配していた話があった後、
いよいよサッカーで交流です!
 
気温30度近くの中、大きな校庭で行われたのは「本気」のサッカー!!
生徒たちの本気のプレーに長谷部選手も熱くなります。
途中、生徒のユニフォームを思わず掴むようなプレーまで!
長谷部選手にボールが渡るたびに全校生徒から大きな歓声が沸き上がり、
予想通りとても暑くて熱い時間となりました。
 
そして、ここでも全校生徒とハイタッチ。
男子生徒のみならず、女子生徒たちも「手が洗えない!」と大喜び。
 
最後、全校生徒を代表して生徒会長の女子生徒が「一生分の元気をもらいました!!」と
大きな声で言ってくれて、試合から休むことなく訪問した長谷部選手も来て本当に良かったと思ったとのことです。
kuma008 kuma009 kuma010 kuma011
熊本は、被害の大きかった地域はもちろん、帰りに利用した熊本空港もまだまだ震災の爪痕が残る状態でした。
 
長谷部選手はこれからもできる範囲で支援を続けていきたいそうです。
 
最後になりますが、ご協力いただきました、御船中学校のみなさま、健軍小学校のみなさま、湖東小学校のみなさま、熊本県ユニセフ協会のみなさま、ありがとうございました。