2018年11月12日~13日、長谷部誠選手は日本ユニセフ協会大使の活動として、ギリシャにある難民キャンプを訪問しました。

現地では子どもたちとサッカーを通じた交流を行う一方、紛争など凄惨な環境から逃れてきたときの話などを聞きました。

キャンプに逃れてきた子どもたちのこれからの未来には「教育」が必要であることを強く実感したこの訪問の様子を、ぜひご覧ください。

11月12日の様子
https://www.unicef.or.jp/news/2018/0184.html


11月13日の様子
https://www.unicef.or.jp/news/2018/0185.html